医療脱毛と自宅脱毛ではどんなところが違う?

医療脱毛だと永久脱毛が実現できる

脱毛は毛抜きを使ったりブラジリアンワックスを用いるなどして自宅でも行えますが、それはあくまでも一時的な処理にすぎません。毛が生える仕組みそのものは残っているので、しばらくするとまた新しい毛が生えてきます。そのため毛のない状態を維持するためには、繰り返し処理しなければなりません。それに対して医療脱毛では、同じ毛穴から二度と毛が生えてこない永久脱毛を実現可能です。医療脱毛にはレーザーの照射で熱を生み出す方法と、毛穴に針を挿し込んで電気を通す方法の大きく分けて2通りがありますが、どちらも毛が生える仕組みをしっかりと破壊できます。したがって一度完了すると、それ以降はその部分の処理をせずに済みます。

医療機関でトラブルのリスクも少なく済む

自宅で行う脱毛では、様々なトラブルに繋がる恐れがあります。毛が根元から抜けるのではなく途中で切れてしまって埋没毛になったり、毛が抜けて無防備になっている毛穴に菌が入り込んで炎症を引き起こすなどのトラブルです。その点医療脱毛は医療機関で受けるため、予防によってトラブル発生のリスクを下げられます。医療脱毛はそもそも自宅で行う脱毛のように力ずくで毛を抜く方法ではないので、毛が途中で切れることはなく埋没毛は発生しません。その上脱毛後に無防備になっている肌は、クールダウンや外用薬の処方などでしっかりとケアすることができます。さらに万が一トラブルが発生したとしても、医療機関ならではの設備と医師の手によってしっかりと対処可能です。

医療脱毛を銀座で行う場合には、いくつかのクリニックから自分に合ったクリニックを見つける必要があります。保険は適用されませんが、回数券制のクリニックもあり、一回低価格で受けることができます。

ゴールドカジノ

|

Related